相手の職業を予想する

11月 20th, 2013

出会い系サイトは休みがありません。
24時間営業なのです。
しかしながら、掲示板の投稿品質は時間帯によって異なるようです。
男性は女性の投稿時間によってある程度の職業が推測できます。
まあ女性でも同じですけどね。
一昔前は、女性の就職は結婚するまでの腰掛け的に捉えられていました。
就職して良い男性を見つけて寿退社をするのが普通であった時代です。
ですが、そういった女性に対し採用を制限したりして就職差別の原因にもなっていたのです。
近頃ではこういった事は見るシーンはありません。
男女雇用機会均等法の影響もあると思います。
そして不況もあるので結婚をキッカケにして退職する女性も少なくなったのです。
女性の能力を社会が認めたということも大きいでしょう。
女性達も自分の能力をキチンと理解できるようになりました。
男性以上に理解をしているかもしれませんね。
女性が職場へ進出しているペースはめざましいです。
だから仕事場にも女性が増えて来て社内恋愛も活発することになるのでしょうか?そういった働く女性が多くなってきましたから、女性の職業が多彩になって以前よりは判断が難しくなっています。
夜遅い時間だから、夜の仕事だとは断言できません。
看護師など夜勤の仕事をしている人達も多いです。
もしも時間帯によってある程度職業がわかれば、それだけアプローチしやすくなる面もあります。
確率から見たら男女ともに夜の投稿をする人は夜の仕事をしている人が多いかもしれません。
しかしながら、仕事をしながら投稿できるのかどうかは疑問の残る部分です。
昼夜逆転しているコンビニのバイトの人達もいるでしょう。
夜更かしをしている学生も珍しくはないです。
引きこもりの人や家出少女達もいます。
ある程度職業のあたりは付けられるかもしれせんが、釈然としませんね。
もしも職業が似ていれば話題に共通性があるので出会いのキッカケになるかも……。
意外に職業は重要かもしれませんね。

有料サイトへ移行するタイミング

11月 19th, 2013

昨今の恋愛事情は10年前とは様変わりしています。
一番の理由は携帯電話の普及でしょう。
そのお陰もあって、出会い系サイトの人気が定着したとも言えます。
ここのページでは出会い系サイト利用術というよりも、依存症について考えてみたいと思います。
「有料」出会い系サイト依存症になってしまうと、少し危険な感じがします。
携帯電話はここ十年余りで爆発的に普及したコミュニケーションツールです。
それまでは一般庶民が所有できるものではありませんでした。
その当時に連絡は一般的には固定電話でした。
しかしながら携帯電話は、文字通り24時間携帯しているのです。
一日に数回も場合によっては数十回と連絡することもあります。
かつての固定電話の時代では、外出先でコンタクトができるのは公衆電話ぐらいです。
それも一日に何度もということなど普通では考えられませんでした。
大体決まった時間帯に恋人に電話をするというのが一般的なシーンでした。
「そろそろ電話の時間だから帰らなければならない!」「今日はかかってくるかなぁ?」そんな心配があったりして……。
「何を喋ろうか?」と考えたりもする。
そういった時間が愛を育んだとも言えるのです。
現在では携帯電話があるので、いつでも気軽に電話ができます。
メールにするのか通話にするのかも自由自在ですね。
携帯電話を使えない時間などほとんどないのですから、どうしても依存症になりがちですね。
あまりにも便利ですから、度を超してしまわないか心配になります。
緊急時などはいつでもコンタクトできるので当然役立ちます。
しかしながら、そうじゃないときは裏の面もあるように思います。
ツールに使われないようにしなければならないです。
出会い系サイトは、とても依存症になりやすいような印象があります。
出会い系依存症の人達が「有料」出会い系サイトを使うと相当な金額を支払うことになるでしょう。
給料の大半を出会い系サイトに使っている人達も多いです。
大部分は出会い系依存症です。
借金の原因にもなってしまいます。
まずは出会い系サイトに慣れましょう。
そして依存症にならないように工夫をして「有料」出会い系サイトを使うと安心です。

出会い系の安全性

11月 17th, 2013

出会い系サイトをスタートするときに気になることは何でしょうか?(1)料金体系。
(2)安全性。
この二つが代表的ですね。
そこで「完全無料」の出会い系サイトです。
こちらのサイトは登録料も利用料もタダです。
お金の心配がありません。
だから出会い系サイト未経験者には一押しなんですね。
もうひとつの懸念材料が安全性です。
なぜ「無料」なんでしょうか?「もしかして罠がしかけられているのかも?」そんな疑いもありますよね。
甘い話しには裏がある!なんて言いますからね。
では「完全無料」の出会い系サイトがタダで使える理由を説明しますね。
「完全無料」の出会い系サイトはスポンサーからの宣伝広告料で運営をしているのです。
だから登録料も利用料も一切顧客からは徴収しないシステムです。
不安ならば利用規約を読んでみましょう。
いずれにしても登録をするには利用規約を承諾しなければなりませんのでムダにはなりません。
それでも不安に思うならば次の二点に注意して「完全無料」の出会い系サイトを選択しましょう。
(1)Yahoo!メールやGmailやHotmailやなどのフリーメールで登録する。
(2)「同時登録」されるようなサイトは登録しないようにする。
こういった点に注意すればなお一層安全でしょう。
活用術「完全無料」の出会い系サイトは登録料も月々の利用料も一切不要のウェブサービスです。
だからとても使いやすく便利ですね。
特徴をもっと知れば、より一層うまく活用できるでしょう。
このページでは「完全無料」の出会い系サイトの活用術について考えます。
男性顧客の競争率が高い!こらが「完全無料」の出会い系サイトの特徴です。
女性は「有料」出会い系サイトでも「無料」で利用できるケースがほとんでです。
でも男性が「無料」で利用できるのは、この「完全無料」の出会い系サイトしかないんです。
だからどうしても登録人数が増えてしまう傾向にあるんです。
競争が熾烈ですから、沢山の女性にアプローチすることは不可欠です。
下手な鉄砲も数を撃てばあたる的な手法をしなければなりません。
しかしながらプロフィール検索や閲覧も「無料」でできます。
そういった特徴を活かして、ライバル達がしていないアプローチ方法をすることが大事ですね。
同じアプローチしても勝ち抜くことはできませんから……。
こういった状況を女性目線で考えてみましょう。
登録するだけでモテモテ状態になるのは予想できますよね。
一日に何十件というメールが届くこともありえます。
そんなに沢山きても返事などできないでしょう。
だから男性も返事がこなくても当然だ!という意識を持つ方が精神衛生上も良いです。
特に落ち込むことも有りませんし、第一印象が良くなかった問題はあるでしょうがそれだけでもありません。
使わなくなってそのままになっているアカウントも結構あります。
そういった人にアプローチしても返事がないのも当然です。
返事がないなんて日常茶飯事ですよ。
その女性とは元々ご縁がなかっただけです。
ご縁がある女性を見つけるためには、沢山の女性にアプローチしなければならないのです。

検索機能を使いこなそう

11月 16th, 2013

出会い系サイトのイメージは残念ながらあまり良い物ではありません。
「騙されるかもしれない!」「トラブルに巻き込まれそうな感じがする。」そんなマイナスイメージが先行しているようです。
ご両親に恋人を紹介するときに、「出会い系サイトで知りあったんだ!」なんて言えませんよね。
そういったマイナスイメージがあるにもかかわらず、実際には数百万名を越す会員を持っているサイトがゴロゴロしているのはどういうことなんでしょうか?マイナスイメージはあるけれども、やはり出会いが欲しいという人が多いということなんです。
その理由を説明しましょう。
一番は手軽さでしょう。
自宅にいても出会い探しができるのですがから、繁華街に行ってナンパする必要もありません。
そして、もう一つは「完全無料」の出会い系サイトがあることです。
「完全無料」の出会い系サイトは登録料も毎月の利用料も一切不要です。
「無料」で使えて何時でも何処でも出会いを探せるのですから、そりゃ人気が出るわけです。
検索機能を上手に使いこなして、趣味が一致する人とか都道府県が同じ人などに絞り込んで探す事ができるんです。
日常生活をしていて、自分の希望通りの女性と出会うのなんてとてもとても難しいですね。
でも「完全無料」の出会い系サイトならば、そういったことがとても簡単に出来てしまいます。
「タダで利用できるなんて大丈夫なの?」そんな不安を抱えている人達も多いでしょう。
でも安心して利用できる「完全無料」の出会い系サイトはいっぱいありますので心配はご無用!色んな噂で足踏みをしている人達も「無料」ですから一度登録してみましょう。
出会いが拡大すればあなたの人生も大きく変わってきます。

服装の趣味を利用する

11月 15th, 2013

出会い系サイトでの話題の話しです。
どうやら分析してみると服装の話題が結構多いです。
投稿などをみても服装のジャンルに拘りがあるみたいですね。特に女性にこの傾向が強いですね。服装に拘りを持つ年代は必然的に十代や二十歳代に絞られてきます。
男女別に見ても好みが集中する服装があるのです。
当然、お相手を選択するのも服装の趣味が合うお相手を選びたいですね。たとえば男性でならば次のような系統です。
ストリート系のファッション。キレイ系のファッション。
ゆるカジ系のファッション。お兄系のファッションです。女性が男性会員に期待している服装は雑誌からの影響が色濃く現れます。その雑誌の名前をつけるケースが多いですね。メンズ・ノンノ系の服装とかチョキチョキ系の服装などがその一例です。
原則的には綺麗目な感じというものが好印象みたいです。
女性がブラックミュージック系の服装とかクラブ系における服装が好みであった場合はこれとは違ってきます。綺麗目ではなくてB系の服装などが好まれるのが一般的です。
だから書き込み内容をじっくりとチェックする必要があります。「特に服装の好みはない!」と思っている男性もいるでしょう。
でも、そういった感覚では、今の出会い系サイトでは圧倒的不利になってしまうのは間違いないです。自分の好きな服装を着こなすのもひとつの選択肢です。
前述した服装に候補などがなくても問題はないでしょう。
しかしながら、服装の趣味の好みを上手に伝えるのは有効なアプローチになります。
服装の趣味というものは個人個人違うのです。
今の流行の服装が嫌だという男性も多いかもしれません。それを強く主張するとドン引きされるでしょう。
「自分はこういう服装でこういう感じが好きなんだ。」こんな風に優しく伝えると好感度が上がります。
ですがあまりにもカジュアルな服装だと女性はスルーする傾向が強いです。
服装のセンスは何もブランドを着こなせばいいというものではありません。
ファッションセンス・着こなし術があれば良いです。
出会い系サイトでは間違いなくファッションセンスは効果的な武器になるでしょう。